無支援単独で南極横断に成功、世界初

世界一過酷な環境の中、54日間で1500キロを踏破

2018.12.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界で初めて、スキーだけで無支援、単独での南極横断を成し遂げたコリン?オブレイディ氏(33歳)。(PHOTOGRAPH BY COLIN O'BRADY)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国のコリン?オブレイディ氏が世界で初めて、単独、無支援での南極大陸横断を成し遂げた。11月3日の出発以降、GPS信号を追跡してきたオブレイディ氏のウェブサイトによれば、すでに太平洋側のロ?#21476;?#27703;に到着しているようだ。(参考記事:「南極の棚氷、減少理由は分離よりも融解」

 オブレイディ氏は自身の筋力だけを頼りに、地球上で最も寒くて風が強い、最果ての大陸を、重さ136キロ以上のそりをスキーで引きながら、54日かけて横断。大西洋側から太平洋側まで、南極点経由で約1500キロを踏破した。最後の2日間はラストスパートをかけ、それまでの1日平均の5倍近いペースで約130キロ進み、東部標準時12月26日午後1時少し前(日本時間12月27日午前3時前)、南極横断山脈からロ?#21476;?#27703;に到達し、南極横断の歴史にその名を?#36367;螭饋#?#21442;考記事:「地球の最低気温を更新、-94℃、南極の高地」

 この長く危険?#20107;盲?#26368;終週、オブレイディ氏と英陸軍大尉ルイス?ラッド氏(49歳)は、生命を脅かすほどの冷たい風とホワイトアウトに襲われた。ラッド氏もオブレイディ氏と同じ偉業を目指していた。今回の挑戦でどんどん痩せ細っていく中、2人は風が吹き荒れる真っ白な凍てついた世界を1日13時間進んだ。ラッド氏はただでさえ細いウエストが13センチ近く細くなったという。あまりに視界が悪く、目の前の地面すら見えないこともあった。(参考記事:「南極で巨大氷山の誕生を目撃、山手線内側のほぼ倍」

 1カ月半のあいだ、氷点下でのスキーとキャンプを経験してきたラッド氏だが、毎晩恒例の報告で「まったく、容赦ない寒さです」と心境を語ったほどだ。

 最後の4日間は晴天に恵まれ、寒さは厳しかったものの、ようやく視界が開けた。氷に覆われた南極横断山脈の尾根が遠くに見え、ラッド氏は「とても感動的な瞬間」と表現した。(参考記事:「絶景、氷の世界のアドベンチャー写真21選」

 2017年、ラッド氏の友人ヘンリー?ワースリー氏が偉業達成を目前にしながら、救急隊に救助されたのは、この近くの地点だった。ワースリー氏は搬送先で死亡した。「今日はヘンリーのことを考えていました……ヘンリーの旗と家紋が付い?#31185;欷?#25345;ってきました。彼が旅の間いつも持っていたもので、(ヘンリーの妻)ジョアンナが貸してくれました。私にとって、この旗をゴールまで運ぶことは本当に重要なことです。必ず運んでみせます」

次ページ:ゴールまで130キロ、30時間のラストスパート

おすすめ関連書籍

地の果てのありえない物語

地球最後の秘境45のエピソード

地球をあなどるな!今、世界の果てで起きている人間と大自然の驚きの出来事45話。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加