【動画】幻のシャチは新種となるか、調査に成功

荒れた海に暮らす「タイプD」のシャチ集団、野生下でDNAも採取

2019.03.11
  • このエントリーをは?#30382;圣芝氓蕞`クに追加
【動画】幻のシャチ「タイプD」の撮影に成功、新種か?

 世界屈指の荒れた海に、普通のシャチとはだいぶ違った幻のシャチがいる。「タイプD」と呼ばれるシャチだ。

 このほど初めて、科学者たちが野生のタイプDに接触し、調査することに成功した。米海洋大気局(NOAA)の研究者ロバート?ピットマン氏は、このシャチは新種である可能性が「非常に高い」と言う。

 科学者チームがこのシャチの群れに遭遇したのは2019年1月。場所は、南米の最南端にあたるチリのホーン岬から約100kmの、ピットマン氏いわく「世界で最悪」の荒れた海域だ。

 タイプDのシャチの存在はこれまでも知られ?#30382;い俊¥郡坤貳?955年に大量座礁が一度あったほか、アマチュアによる写真や映像、漁師の証言などがあるだけで、鯨類の専門家が野生下の個体に遭遇したことはなかった。普通のシャチとは違い、タイプDのシャチは頭部が丸く、背びれは尖って幅が狭く、アイパッチと呼ばれる目の上の白い模様が非常に小さい。体長も数十センチ小さいようだ。(参考記事:「新種?「タイプD」のシャチ、初の水中映像」

今回発見されたタイプDのシャチは、丸い頭部、尖った背びれ、小さなアイパッチなど特徴的な外見をもち、新種である可能性が高い。(PHOTOGRAPH BY JARED TOWERS, NOAA )
[画像のクリックで拡大表示]
世界各地で見られる「典型的」なシャチは、体もアイパッチも大きく、背びれはあまり尖っ?#30382;い勝ぁ#≒HOTOGRAPH BY PAUL NICKLEN, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 調査船に乗り込んだ研究チームは、最近漁師たちがタイプDらしきシャチを見かけたという海域に投錨した。1週間以上が経過したとき、ついに25頭ほどのシャチの群れが近づい?#30382;俊?

 科学者たちは水中と水上からシャチを撮影し、無害な手法で皮膚と脂肪の小さな断片を採取した。今後シャチのDNAを調べることにし?#30382;い啤ⅳ長欷摔瑜轔駿ぅ譊が新種かどうかが確定する(現在は、サンプルをチリ国外に持ち出すための輸出許可証の発行を待っ?#30382;い毪趣長恧潰#?#21442;考記事:「希少なシャチ“タイプD”、実は新種?」

 シャチたちは人間や船に興味をもったようで、2時間ほど船のまわりに集まっ?#30382;い俊?#30740;究者が水中に?#24230;毪筏?#27700;?#26032;?#38899;器を熱心に探っ?#30382;い郡?#19968;度も発声しなかったという。

次ページ:50年ぶりの写真

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイ?#21462;工?br>会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

写真家だけが知っ?#30382;い?動物たちの物語

美しい写真とともに読む、心に残る60話

定価:本体2,300円+税

  • このエントリーをは?#30382;圣芝氓蕞`クに追加